使うほどに味がでるシンプルで存在感のある骨董品

名古屋大須育ちの私、多くの骨董品に囲まれて

私は名古屋の大須育ちです。名古屋大須は昔から骨董市が開かれることで有名です。骨董愛好家も多く足を運び、今でも毎月2回ほど骨董市が開かれています。大須は骨董市だけでなく昔からリサイクルショップが沢山ありました。掛け軸や茶器など、古いような品でも本当は現代になって作成されていたり、超有名画家の作品と売られていても贋作が多く含まれているのは、みんな知っているでしょう。それでも多くの人が骨董市に魅せられます。それは、本当に掘り出し物に出会えることもあるからでしょう。また、古き時代に思いを馳せるロマンがあるからです。そのため、骨董市にいらっしゃる方は遠方から毎月足を運ばれる方も多かったです。そうなると、家の中は骨董品でいっぱいになってしまうでしょう。実を言えば私の父も骨董品が大好きで、かなりいろいろ買い込んでいます。しかも手放しません。家族としては物が増えて少し困っています。このように、骨董品を溜め込んでしまった方は家族のためにも骨董品買取を検討してはどうでしょうか。売却する時はきっちり鑑定していただき、本当にお気に入りの数品を手元に残すのも良いのではないでしょうか。