使うほどに味がでるシンプルで存在感のある骨董品

世界各国の骨董市で集めた品々を買取してもらう

私は若いころバックパッカーでした。骨董品が好きでしたので世界各国の骨董市をめぐり集めていました。特にヨーロッパの骨董品が好きで、フランスやイギリスでは多くの骨董品を購入しました。イギリスでは、エドワード時代やビクトリア時代の食器やカトラリーを購入しました。これらは、人気のある骨董品で、本物であればかなり価値のあるものです。イギリスではガイドブックにある有名な骨董市だけでなくフリーマーケットのようにあちこちで骨董品が売られているのが印象的でした。フランスでは大好きなフランス人形を購入しました。骨董のフランス人形はビスクドールでしたので、運ぶのも大変でした。当時は今ほど機内持ち込みが厳しくなかったので大切に抱えて帰った思い出があります。しかし、三児の母となり自分の荷物を整理する必要が出てきました。手放すなんて考えたこともなかったのですが、子ども達の思い出の品を収納することを優先したくなりました。義母の勧めで骨董品買取をしてくれる業者をあたることにしました。ヨーロッパの骨董品に造詣の深い鑑定士の方が対応してくれて、救われました。骨董品買取のおかげで、収納庫が片付きました。